ないものはない!お買い物なら楽天市場

2019年09月26日

電報 和

電報というと、慶弔時に限って触れる行事というか作業ですが、
それだけじゃないらしいですね。

<和(わ)>
新電報サービス佐川.jpg


《佐川ヒューモニーは9月26日、電報サービス「VERY CARD」の
新商品「和(わ)」を発売した。》

佐川ヒューモニーという会社を初めて知りました。
もともとは株式会社ヒューモニーという電報などの慶弔サービスを
事業とする会社だったみたいですが、2005年に佐川急便が買収
いたみたいです。

それはいいとして、この「和」という新商品ですが、特段珍しいわけ
じゃなく、和紙を使用して和みの印象を作っているのも、慶弔時とか
もう少しライトなお礼やお見舞い事に展開するのもそれほど驚かない
わけです。

が、このデジタル時代には、あえて「アナログな手法」が意外にウケる、
ような気がしたんですよねぇ。(;^ω^)

電報って、ハッキリ言って「便利」です。
ビジネス上のお付き合いの方の葬儀や結婚式のとき、電報サービスを
使うとお金を払うだけで「体裁」も「義理」も保てる・・・

でも、さほど「真心」が伝わりづらいというか、真心なくても格好が
つきますよね。

これを日常に落としてきて、お礼のEメールや手紙の代わりに電報で
比較的自由なメッセージを贈るって、なんか良いイメージがわきます。

Eメールは手軽な分、電報になれば「重み」が増す。
手紙だと重たいけど、電報ならば受け取る側の気持ちが楽になり、且つ
嬉しい。

こんな効果があるような気がします。
posted by ほりっち at 21:09| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

YOSHIKI ボランティア

YOSHIKIさんが、なんと千葉県の被災地でボランティア活動です。

YOSHIKIボランティア.png

一流のアーティストはやはり違いますね。
YOSHIKIさんなんて、ほとんど日本に居ないでしょうけど、
それでもこの時期に実際にやってくる、実際に参加する、
要するに行動が早いです。

「日本に来ました。今日、千葉県にボランティアに行ってきました。
まだ助けを必要としている地域が多く存在します。1日も早い復興祈
っています。自分は長年にわたって海外を拠点に活動していますが、
故郷を思う気持ちは変わっていません。このような事しか出来なくて
ごめんなさい。心より復興を祈っています」

とのInstagramへの投稿とのこと。

以前は非公表だったご自身の出身地も、千葉県館山市と公表されたそう。
ボランティアに加え、日本赤十字社に1000万円を寄付されたみたいです。

繰り返しになりますが、超一流はやはり違います。
すぐに行動に移しますよね。
自戒の念と、尊敬の念を同時に抱かせてくれたYOSHIKIさんに感謝しつつ、
千葉県の一刻も早い復興を願います。

自然災害は、いつでも「明日は我が身」と心得なければいけませんが、
停電の経験はあるので、ひとつの対策としてLEDランタンを持っています。
非常時以外に使っていますが、重宝していますよ。


posted by ほりっち at 21:26| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

富士急ハイランド タイムズ

富士急ハイランドと時間貸し駐車場のタイムズがコレボレーションです。

富士急ハイランド.jpg

タイムズって、カーシェアサービスをやっていますよね。
まぁレンタカーみたいなサービスですが、これが結構使い勝手が良い
らしいです。

私の友人も、車の維持費が高いから思い切って手放してカーシェアリング
を選択して快適だよって言ってました。

そのタイムズのカーシェアと富士急ハイランドフリーパスがセットになった
新商品「お出かけeクーポン」が発売されるとのことです。

タイムズ.jpg

まぁどちらかというと、タイムズが持つ顧客資源に富士急ハイランドが
参入させてもらう、という構図が強いでしょうね。
ただ、車を所有しない東京や神奈川、愛知あたりの大都市に住む若い世代
やレンタカーより安い、となった場合は意外に広がるかもしれません。

大都市圏に住む、車を所有しない人にとっては、このタイムズとの相互的
マーケット参入は合理的かもしれませんね。
posted by ほりっち at 11:54| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする