ないものはない!お買い物なら楽天市場

2017年12月21日

NHK職員 受信料着服

NHK職員による受信料着服が発覚。

これは、NHKにとっては痛いですねぇ〜。。。

今月の初め頃、最高裁判決が出たばかり。

「受信料制度は合憲」
↓わかりやすい表。

A6B7F03B-FAAF-4481-A10D-FEBFB0CB25A9.jpeg

裁判は2011年にNHK側が提訴してスタート。
2006年のテレビ設置時から契約申込書を送っても男性が応じないという主訴。
男性は「契約の自由」を憲法が保障しているという理由で、NHKは違憲と。
NHK側は「受信料制度は充分な必要性と合理性があり合憲」と。

→最高裁判決は…合憲。
「憲法の保障する国民の知る権利を実質的に充足する合理的な仕組み」と指摘。契約を強制する放送法の規定は「適正、公平な受信料徴収のために必要で憲法に違反しない」

という経緯が、ついこの前にあったばかりの状況で、この不祥事。

・・・(゚-゚;)ヾ(-_-;) オイオイ...

という感じでしょう。他の職員さんも。。。

さて、今後NHK受信料は、確実に増収しますが、一方ではデジタルコンテンツに対する課金方法や仕組みづくりについても、議論を重ねる必要がありますよね。

インターネット配信される情報番組については、今のところ無法地帯。
今般の最高裁判決を盾にNHKは受信料徴収の取り組みを強化するでしょうし。

どうなることやら。
ラベル:合憲 最高裁判決
posted by ほりっち at 21:51| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする