ないものはない!お買い物なら楽天市場

2020年02月08日

AI 手塚治虫

AIがついに漫画を描く時代になってしまいました。

慶応大学などのプロジェクトチームが開発したAIに
手塚治虫さんの漫画を学習させて、もしも「手塚治虫
さんが生きていたら」どんな漫画を描くか?を発想した
ものらしいです。

AI手塚治虫.jpg

大ヒット作である「火の鳥」や「鉄腕アトム」などの時代背景や
ストーリー構成を学習したえうで、あらたな世界観やあらすじ、
キャラクターの顔を考え出した新作の漫画を製作して、雑誌に掲載
されることになったとのこと。

すごい時代になりましたね。(;^ω^)

でも、今は亡き偉大な手塚治虫さんの、嗜好やキャラクター像など、
独自のニュアンスを感じ取れるとしたら、この試みはすごく価値が
あるようにも思えます。

AIの学習能力が可能にする再現性が、さまざまなビジネスに発展する
ことになりそうですね。

その新作は、講談社から今月下旬に発売されるそうです。

posted by ほりっち at 13:36| ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする