ないものはない!お買い物なら楽天市場

2020年02月05日

ダイヤモンドプリンセス

あの有名な豪華客船の乗客からも新型コロナウイルスの
陽性反応が出たみたいですね。

ダイヤモンドプリンセス.jpg

陽性反応が出た乗客数は10人。

乗船していた香港籍の男性が感染したことから端を発した模様。
1月20日に横浜港でダイヤモンドプリンセスに乗船→25日に香港で下船。
その後2月1日に新型コロナウイルスの陽性反応が判明。

陽性反応があった他の乗客は、
日本人→3人
香港人→3人
オーストラリア人→2人
アメリカ人→1人
フィリピン人→1人

このダイヤモンドプリンセスは、14日間は検疫の管理下におかれるらしいです。

こう考えると、商売に大打撃ですね・・・

実際どれくらいのクルーズが中止されるのか、つまり操業停止による機会損失が
心配ですよね、余計なお世話ですが。(;^ω^)

ダイヤモンドプリンセスを運行しているプリンセスクルーズという会社です↓

https://www.princesscruises.jp/ships/
posted by ほりっち at 22:09| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月23日

暖冬 原因

寒いですねぇ・・・

でも暖冬と言われていますが、いかが思いますでしょうか?

暖冬といっても、私は寒いのが苦手なので寒いものは寒いです。(笑)

とはいえ、北日本や北海道は入れの雪不足だといいますね。

雪を商材としている企業や団体は、大変みたいです。

スキー場は雪不足で人工雪を使用して何とか営業しているところも。

かの有名な札幌の雪祭りでは、雪が足りなくて他の地域から輸送している
というニュースも見ましたし。

雪がなくて路面が露出していることで、砂埃が激しく大気汚染のような
事態になっているところもあるそうです。

北国を走る運送業者さんでは、冬タイヤ(スタッドレス)が持たなくて
余分がコストがかかって大変だ!という社長の悲鳴も聞きました。

寒さが少しでも和らいで道路も雪が無ければ、私のように個人的には
「助かる〜」とか喜んでしまいますが、身勝手な喜びであることに
気が付きました。。。(;^ω^)

さらにこの暖冬の影響は農作物にも多大な影響があるとのことです。

《農林水産省によると、キャベツやハクサイなど調査対象の8品目で
平年に比べて4〜35%安い価格となった。
暖冬で生育が順調に進んで出荷が増える一方、鍋物用などの需要が
伸び悩んでいることが影響した。
消費者にとっては恩恵だが、農家は対応に苦慮している。》

農家さんはとんだ被害ですよねぇ。

それにしても、なぜ暖冬なんでしょうかね、今年は。

暖冬の原因は何でしょうか・・・

暖冬原因.png

詳しくは全然わかりませんが、要するに北からの寒気が南に降りて
くるのが自然の摂理のようです。それが偏西風という風の影響で
いつもの寒気が南下せず、あったかいまま・・・ということのようです。

偏西風がいつもと違う流れになる原因は…インド洋の…とかなってくると
もう難しくてよくわかりませんが。

もう一つ気になるのは、北海道など北国では「帳尻は合う」という定説
みたいなものがあるらしく、あったかい陽気がつづいていたけども突然
「ドカッと大雪」なんてことも、充分あるらしいので、油断は禁物ですね。


posted by ほりっち at 23:06| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月22日

コロナウイルスとは

インフルエンザの流行がピークに差し掛かるなか、

国際的には新型コロナウイルスで騒動となっています。

<厚生労働省>https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000585391.pdf
新型コロナウイルス重要なお知らせ厚生労働省.png

◆国民の皆様へのメッセージ
《新型コロナウイルス関連肺炎に関するWHOや国立感染症研究所
のリスク評価によると、現時点では本感染症は、家族間などの限定的な
ヒトからヒトへの感染の可能性が否定できない事例が報告されているものの、
持続的なヒトからヒトへの感染の明らかな証拠はありません。
風邪やインフルエンザが多い時期であることを踏まえて、咳エチケットや
手洗い等、通常の感染対策を行うことが重要です。 》

ですって。

そもそもコロナウイルスとは?

現在わかっている種類は
「ヒトに蔓延している風邪のウイルス4種類」
と、
「動物から感染する重症肺炎ウイルス2種類」

が知られているとのこと。

【ヒトに蔓延】
◆風邪のコロナウイルス4種類
→「HCoV-229E」「HCoV-OC43」「HCoV-NL63」「HCoV-HKU1」
らしいですが、いわゆる風邪の10〜15%くらいが、このコロナウイルス
が原因みたいで、ほとんどの子供が6歳までに感染を経験するらしい。

【動物から感染】
◆重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)
→コウモリから感染し重症肺炎を引き起こし、致命率は9.6%。
(2002年〜2003年中国広東省から流行した際のWHO情報による)
死亡者の多くは糖尿病や心臓病等の基礎疾患を事前に患っていた。

◆中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)
→ヒトコブラクダから感染し重症肺炎を引き起こし、致命率は34%。
(2012年サウジアラビアで発見され昨年11月までのWHOの情報)
これも重症化した症例の多くが基礎疾患を患っていたことが判明。
ヒトからヒトへの持続的伝播は限定的。


そうなのか…知らなかった、勉強になりました。
ただの風邪でも、コロナウイルスに感染していることって
けっこうあるんですね。

あ、そこで、ですが・・・
このコロナウイルスの「新型が発見された」ということなんですね。

新型なので

どんな症状なのか?
もとの宿主は何なのか?
どのくらいの感染力か?

などなど、いろいろ未知なことがあって大騒ぎ…という構図なんですね。

ひとまず、厚生労働省のメッセージのとおりに、通常の風邪対策として
うがい・手洗い・マスクなどの備えをしようと思います。

ラベル:対策 マスク 症状
posted by ほりっち at 21:18| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする